すっぴん美人はどろあわわをこう使う!

どろあわわは洗顔石けんなので、普通に洗顔しても問題ありません。

 

でも、中には全然効果を実感されない方もいると思います。

 

ここでは、間違った使い方をはじめ、効果的な使い方を紹介したいと思います。

 

■しっかりとあわ立てる

 

普通にゴシゴシしても泡は出ますが、どろああわの最大の売りはきめ細かな「モコモコ泡」!

 

このモコモコした泡は非常に細かいので、肌の奥の汚れをしっかりと吸着して、汚れを落としてくれます。

 

そのため、効果的に使うには洗顔ネットは必須アイテム!

 

手では出せない細かな泡で、顔に付着している汚れや皮脂などを洗い落としましょう!

 

モコモコ泡を顔にこすり付けない!

 

作り出した泡はモコモコした泡で非常に気持ちがいいのですが、泡を顔に擦りつけるのはNG!

 

洗浄力が強すぎるため、また手で顔を擦ってしまうことで肌にダメージを与えてしまうからです。

 

洗顔で利用する泡はあくまでも”汚れを落とすため”なので、作り上げたモコモコ泡は顔に当てるだけでOK!

 

なかなか効果を実感できない方で多いのが、この擦ってしまう行為が多いので、絶対にしないようにしてください。

 

お湯でしっかりと泡を洗い落とす

 

ここまで順調に進んでも、まだ油断することはできません。

 

実は顔に泡が付いていると、ニキビや肌荒れの原因になるからです。

 

ですから、顔に付いた泡は完全に洗い落とす必要があるので、お水よりもお湯でしっかりと洗い落としましょう。

 

タオルで顔をこすらない

 

濡れた顔はタオルでゴシゴシ・・・したくなると思いますが、これもNG!

 

理由は先ほどモコモコ泡でも紹介したように、タオルで顔を擦ってしまうと、肌に刺激を与えてしまうからです。

 

昔からゴシゴシやっている人の場合、何か物足りないような気がするかもしれませんが、タオルは当てるだけでもしっかりと水を吸収してくれるので、効果を実感できない方は、この方法を行ってください。

 

大事なことなのでもう一度言いますね。

 

”タオルは軽く肌にあてるだけ”

 

ゴシゴシは肌を傷つけるので、肌が弱い方は特にしないでくださいね。

 

保湿はやっぱり必要!

 

どろあわわを使っている私ですが、これは必須です!

 

どろあわわには保湿成分がギュっと配合されていますが、それでも化粧水などには勝てません。

 

これは洗顔で肌をできるだけ守るためのものなので、洗顔後は必ず保湿は必要です!

 

使うものは何でもいいのですが、乾燥肌の方は念入りに保湿したほうがいいです。

 

でも、これだけの説明だと”洗顔石けんで何でもよくない?”と思われると思います。

 

実はそれは間違い!

 

石けんで顔を洗っている時は、普段は守ってくれる油などが石けんで落とされている状態なので、お肌は無防備な状態になっています。

 

この無防備な状態が長く続けば続くほど、お肌に与える影響は大きくなってしまいます。

 

どろあわわには、可能な限りお肌を守る保湿成分が贅沢に含まれているので、続けるうちにその「違い」が出てきます。

 

この”蓄積の差”が、お肌に大きく左右するのです。

 

まとめ

 

どろあわわで効果を実感されない方の多くは、基本的には使い方を間違われている方が多いように感じます。

 

洗顔はお肌の汚れを落としてくれる大切な作業です。

 

誰もが簡単にできるからこそ、正しい方法で行う必要があります。

 

もし、どろあわわを使ってみて「う〜ん、何だか効果を実感できないな〜」という方がいらっしゃいましたら、まずはこの方法を試してみてください。

 

お肌に合う合わないもありますが、多くの方がリピートされている商品なので、悪い商品ではないと思いますよ☆

 

合わせて読みたい記事

化粧品は落とせるの?
解約や休止方法は?